遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

私、新年早々に正月らしく久々に歌舞伎を見て参りました。
しかも生まれて初めての1階桟敷席!!



新年の歌舞伎ならば着物、そして自分結いの新日本髪。
梅と菊の模様の縮緬のアンティーク着物。
帯留めも梅。

後ろのカーテンの向こうに、御飯時の休憩タイムに
桟敷席の特別メニューのお寿司(別注)が届くのでありますよ!
うきうきですよ!

お寿司はこのテーブルで桟敷席に座ったまま食べられます。
ポットにお茶もあります。

食事の写真撮っていませんが、
ホタテ、エビ、鯛、あじ、マグロ中とろ、いくら、あなご、
鉄火巻き、キュウリ巻き、卵焼き、数の子、リンゴ、お吸い物
全部おいしかった!




演目は「伊井大老」「越後獅子」「傾城」「松浦の太鼓」。

東側前から2番目の席だったので、
前過ぎて真横から見る感じで良く見えないかもと思ったら
さほど気になりませんでした。
さすがに役者が下手に顔を向けると顔が見えなくなってしまいますが
上手に向いてくれると「見つめ合ってる私達!」と思う程迫力あってかなり間近です。
丁度役者の目線の高さとこちらの目線の高さが一致する位置なのであります。

それに、下手のセットがよく見えたので
今回の「伊井大老」の部屋から外の雪を見るシーンでは
中庭の桃の木にハラハラと舞い降りる雪が良く見えてステキでした。

松本幸四郎と染五郎の親子共演。
大老の幸四郎とお静の玉三郎の掛け合いが何とも良い雰囲気で
晩年の寂しさと柔らかな優しさが伝わるいいお話でした。

「越後獅子」では、一本歯の下駄で軽妙なリズムをとり
妖怪の一反木綿が舞い踊るように、両手に白い長い布を持ち
くるくるひらひらとさばくのがそれはそれはお見事でした。

イメージを描いてみました




そして「傾城」の坂東玉三郎。これが見たくて、この為に桟敷にしたのであります。

イメージを描いてみました。


花魁の恋心春夏秋冬。御歳66とは思えぬ美しさ。
うっとりな艶。惚れ惚れする身のこなし。魂が吸い込まれるその表情。
ああ、拝めて良かった。






それから「松浦の太鼓」
染五郎のくすっと思わず笑ってしまうよな
見事なコメディアンのような可愛らしい演技がとても楽しかった!
正月に笑って終われる、いい演目でした。



お金を貯めて
いつかまた
桟敷で見たいな
玉三郎。

雨月





Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.ugetsu-koromo.com/trackback/1294116

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

伊東家の裏ワザDS
伊東家の裏ワザDS (JUGEMレビュー »)

伊東家の食卓が3月26日に2時間スペシャルで帰ってくるよ!
さあ!ゲームを買って気分を盛り上げてスペシャルを見ようじゃないか!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「黒船屋」を観に行く
    雨月衣
  • 「黒船屋」を観に行く
    hirotakemac
  • 本日七夕に、ホームページをリニューアルオープン!
    雨月衣
  • 本日七夕に、ホームページをリニューアルオープン!
    hirotakemac
  • 映画「私の少女」ペ・ドゥナ主演(ネタバレあり)
    雨月衣
  • 映画「私の少女」ペ・ドゥナ主演(ネタバレあり)
    hanahana
  • 高円寺~中野
    雨月衣(ころ)
  • 高円寺~中野
    またこ
  • 高円寺~中野
    雨月衣(ころ)
  • 高円寺~中野
    またこ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM