12月12日
いちに いちに

表参道でランチデート
ゆかりんと。
クレヨンハウスの近くにある蕎麦屋。
地下の入り口にはパーティー会場のようなお花のアレンジメント。
入ると暗めな照明でオトナな雰囲気。落ち着く。

軽い前菜に一口サイズの鶏肉3種類のお料理。

メインはお肉料理と蕎麦のパン。
2008 12/12ランチメニュー

締めは蕎麦。細くてつやのあるおいしいお蕎麦でした。
平日の表参道のランチ。いいねえ。割と空いてて、洒落てて。




ランチ中のゆかりん
2008 12/12 ゆかりん




その後、友達のマツヤマ・アキオ君の展示を見に行きました。

会場は絵本がいっぱい置いてある可愛いカフェ『シーモアグラス』。



ゆっくりお茶を飲みながら堪能。
2008 12/12シーモアかっぷ





その後BUNKAMURAで『アンドリュー・ワイエス』の絵を観る。
クリスマスツリーと月が遠くに小さく描かれた雪景色の「三日月」が印象的。
鹿が落ちたリンゴを食べようとしている「昨夜」も好き。

鹿といえば、今日の私はバンビをあしらった装い。


200812/12 着物




絵画鑑賞の後は音楽。「あいうえ音楽団」のライブに。

楽しき、いちに いちに の日。
芸術の 秋。って12月だ。
でも暖かかったのですんなり「秋」って言葉が出ちゃった(笑)






今夜は外食。
経堂の「パクチーハウス東京」でオールパクチーメニュー。




うまい。
豚の角煮風のメニューが美味しかった豚(写真は生春巻きだが)
添えてある生パクチーと一緒にパクパク。
ジューシー柔らかあっさり味
パクチーチャーハンとよく合う。
うまうま楽しい

昨日ネットでストッキング注文したら、今日の昼にもう届きました。
クロネコヤマトってこんなかわいいパッケージもあるのね。




買ったのは着物のときに履く指先がセパレートの膝下タイプ。
ストッキングの上から足袋が履けて便利なのです!

以前同じメーカーのパンティストッキングタイプを買って
温かくていいなあと思ったのですが、上にひっぱり上げて履くと
指がきつくて長時間履くと痛くてダメだったのです。
一番大きいサイズだったのですが、丈が少し小さかったみたい。

そこで、この膝下タイプ!



これなら無理に引っ張りあげる事無く履けるので大丈夫!
膝上はレギンスなどを履き温かくすれば冬着物もホット安心。

意外と見えるんです。階段を昇る時とか足首が。
タイツとか股引とか裾から見えるとちょっとまずい
でも何か履かないとすごく冷えるし
でもこれがあれば問題解決!
着物を着る人にお勧め。

(株)ミヤシタ の竹紀行 「竹炭足袋型ひざ下ストッキング」

昨日の12月7日の夜の事です。
いつものようにちびまる子ちゃんを見て、お次はサザエさんだ〜と
テレビをなんとな〜く見ていた時です。

消防車のサイレンがして「あ、どこかが火事なのか」と思いながら
サイレンを聞いていたらだんだんその音が近付いてきて
もしやと思い窓を開けベランダに出てみると
炎と煙が上がっている!!
『え!?家のマンションが火事!?避難!!』そう考えて外に出てみたら
火事は隣の一軒家でした。

素早い消防で到着してからすぐに消火したようでしたが
その家は鉄筋コンクリートのようでしたので、外観は保たれたものの
中は全焼の様子でした。

毎日のように前を通っていて、「立派な一軒家だなあきっと幸せファミリーが住んでいるんだろうなあ」と思っていたので....ショックでした。
住んでいた人たちは大丈夫だったのか心配です。

あっという間です。火事は財産を燃やしつくします。

くれぐれも、火の用心!!です。





12月6日

能の舞台を観に行きました。

仕舞:『浮船』.......観世喜正
   『源氏供養』...観世喜之

狂言:『昆布売』.....シテ(大名)野村万作 アド(昆布売)高野憲

能:『野宮』.........シテ(里女/六条御息所) 鈴木啓吾  ワキ(旅僧) 宝生欣哉

     間(里人) 石田幸雄、笛 松田弘之、
           小鼓 観世新九郎 、大鼓 安福光雄


能を観るのは2回目。一度は、夜桜の下、靖国神社の舞台を観た事がありました。
桜と外の空気の中、神秘なる能舞台を堪能し、(内容は半分ぐらい解らなかったが)
雰囲気だけでも充分に楽しめました。

今回は現代語訳の解説書が配られ、それを見ながらだったので内容もよく解り
死んでもなお愛する源氏の君を思い、あの世とこの世を彷徨う悲しい女の気持ちが
よ〜く伝わってきました。

華やかでワクワクする歌舞伎とは違い、能はぐっっと重く、なかなか動かないように見えるその研ぎすまされ厳選されたシンプルな動きの中に魂が吸い込ませる程の強い力を感じるのでございます。

知り合いの招待で運良く観ることが出来たのですが、
急なお誘いで前日に見に行く事が決まったのでした。
それでも着物は着たいぞ〜〜と思いまして、頑張って準備して行きました。

晩秋の悲しい話なので、黒地に落ち葉の刺繍の半襟。
焦茶色に枯れ枝のような縞模様の柔らかい着物。
肩に秋の花が描かれた黒の長羽織り。
薄黄色に白菊が描かれた帯。
あの世とこの世を彷徨う女をイメージした白い小蝶の帯留。
といった装いです。

胸元しか撮れてないですが、これがその装い↓



          


また行きたいです。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

伊東家の裏ワザDS
伊東家の裏ワザDS (JUGEMレビュー »)

伊東家の食卓が3月26日に2時間スペシャルで帰ってくるよ!
さあ!ゲームを買って気分を盛り上げてスペシャルを見ようじゃないか!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「黒船屋」を観に行く
    雨月衣
  • 「黒船屋」を観に行く
    hirotakemac
  • 本日七夕に、ホームページをリニューアルオープン!
    雨月衣
  • 本日七夕に、ホームページをリニューアルオープン!
    hirotakemac
  • 映画「私の少女」ペ・ドゥナ主演(ネタバレあり)
    雨月衣
  • 映画「私の少女」ペ・ドゥナ主演(ネタバレあり)
    hanahana
  • 高円寺~中野
    雨月衣(ころ)
  • 高円寺~中野
    またこ
  • 高円寺~中野
    雨月衣(ころ)
  • 高円寺~中野
    またこ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM